名古屋市でZEH住宅を建てたい方必見!口コミや補助金まで紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「ZEHって結局なに?」
「補助金はどれくらい出るの?」
「ZEHを導入するメリットは?」

と気になっている方もいるのではないでしょうか。

ZEHの正式名称は『net Zero Energy House』です。意味はエネルギー収支をゼロ以下にする家のことを示しています。

たとえば、太陽光発電等を利用し消費するエネルギーと作り出すエネルギーの差を0にする取り組みのことです。

今回は、実際にZEHを導入した住宅はどんな特徴があり、実際に導入した人はどう感じているのかについて紹介します。また、実際に名古屋市でZEHを導入したい時に出る補助金やおすすめの住宅会社まで解説するので参考にしてください。

それでは見ていきましょう。

目次

ZEH住宅はどんな家?

ZEH住宅とはエネルギーを作り出すだけではありません。

実際に消費するエネルギーに関しても消費量を抑える努力が施されている住宅のことを言います。

ここからは、ZEHの特徴と口コミについて紹介します。実際に導入することでどれくらいエネルギーを0に近づけられたのかに注目してみてください。

ZEH住宅の特徴

ZEH住宅には、以下のような特徴があります。

  • エネルギー効率が高く、年間のエネルギー消費量をゼロに近づける
  • 高性能な断熱材を使用し、快適な居住環境を実現
  • 省エネ設備を導入し、電力消費を最小限に抑える
  • 再生可能エネルギーを活用し、自給自足を目指す
  • 高性能な建材を使用し、エネルギーロスを最小限に抑える
  • エネルギーモニタリングシステムで効果的なエネルギー管理が可能

上記がZEH住宅の主な特徴です。省エネルギーと快適性を追求し、環境への負荷を軽減すると同時に、エネルギーコストの削減にも貢献しているのがZEH住宅の特徴になります。

ZEH住宅に関する口コミ

実際にZEH住宅に住まれている方の口コミを紹介します。

ZEH住宅に住み始めてから約半年だが、まだ光熱費はマイナスの月はない!妻は専業主婦、太陽光5.2kw!

引用元: マンションコミュニティー

平均で年3万プラスみたいだけど、家はたぶんもっとプラスになるかな~寒冷地8kw・共働き・子供1

引用元: マンションコミュニティー

世帯の人数が多い所や、UAが低くて削減率がギリの所が0達成出来てないのが多いようですね

引用元: マンションコミュニティー

上記の口コミのように年間のエネルギー消費量を0にするどころか、利益を得ている方もいます。

実際に導入して、あなたの住宅でも利益を得られるかもしれません。

しかし、世帯の人数が多く消費量が増えてしまうと、ぎりぎり0にできない状態のようですが、家計を助けてくれるのは間違いないでしょう。

名古屋市でZEH住宅を建てる際に申請できる補助金

名古屋市でZEH住宅を建てる際には、以下の2つの補助金制度があります。

低炭素住宅建築推進補助金は、名古屋市が地球温暖化対策を推進するために設けた補助金です。ZEH住宅の他にも、高断熱・高気密な住宅や省エネ設備を導入した住宅に対しても補助金が支給されます。

家庭用燃料電池システム(エネファーム)設置費補助は、ZEH住宅の普及を促進するために提供している補助金です。ZEH基準を満たす住宅を建築する場合に、補助金を受けられます。

上記の補助金制度には、申請条件や支給額に一定の制約があります。それぞれ名古屋市のサイトで確認してみましょう。

名古屋市でZEH住宅を建てるならブラザー不動産がおすすめ

名古屋市でZEH住宅を建てるならブラザー不動産がおすすめです。ブラザー不動産ではZEHの補助金に関する手続きもすべて行なってくれます。

以下ではブラザー不動産の特徴や実際の施工事例を紹介します。

ZEH住宅を検討されている際は確認しておきましょう。

ブラザー不動産の特徴

スクロールできます
項目詳細
会社名ブラザー不動産株式会社
会社住所愛知県名古屋市瑞穂区苗代町15番1号
創業年数1968(昭和43)年4月16日
対応エリア愛知県近郊エリア
公式サイトhttps://www.brother-bre-freestyle.com/

ブラザー不動産はフルオーダー住宅で1件1件オーダーメイドでプランニングができます。

また、建築工法や性能にもこだわっており、耐震等級は最高等級の3を取得・長期優良住宅やZEH・テクノストラクチャーなど、依頼者が求める、さまざまな工法や性能2に対応できるだけの技術力があります。

モデルハウスに行くのが面倒くさいという方はぜひVRでもモデルハウス見学ができるのでみてみてください。

ブラザー不動産が建てたZEH住宅の施工事例

ここからはブラザー不動産で実際に家を建てた方の施工事例を紹介します。今回紹介するのは以下の3つです。

  • 和らぎを体現した家
  • ハイクオリティーでスマートな家
  • 5つのフロアがある家

それぞれ見ていきましょう。

施工事例① :和らぎを体現した家

太陽光発電と蓄電池を採用したZEH住宅となっており、持続可能なエネルギーの活用も実現しています。

グレージュアッシュの建材を使用し、キッチンを際立たせながらも、統一感のある落ち着いた空間が演出されています。家事動線も効率的に考慮され、細部までこだわり抜かれた間取りが完成しています。

施主様の優しさが感じられるこの住まいは、心を落ち着かせる雰囲気を醸し出しています。さらに、この住まいでは子どもが健やかに成長する様子が目に浮かびます。

施工事例② :ハイクオリティーでスマートな家

太陽光発電とV2H(車載電池の自家発電から家庭電力への供給)も採用されており、環境に優しいスマートな住宅がご家族の暮らしをサポートします。

テクノストラクチャー工法を採用することで実現した、25帖超の広々とした開放的なLDKが魅力です。

無垢フローリング、タイルデッキ、エコカラットなど、厳選された素材がお互いを引き立て合い、上質な空間を演出しています。全館空調による心地よさが加わり、快適な時間を過ごせるでしょう。

施工事例③ :5つのフロアがある家

こちらの住宅はZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)認定を受けており、エネルギー消費量の収支がゼロに近づくように設計されています。省エネルギーと創エネルギーの計画が取り入れられており、持続可能な住まいへの取り組みが行われています。

外観からは2階建てに見えますが、実は5つのフロアレベルで構成された住宅です。隣り合う部屋の床の高さが変化することで、空間にリズムが生まれ、軽やかで楽しい暮らしのイメージが広がります。

この住まいに足を踏み入れれば、自然に心地よい生活が展開されることを感じることでしょう。

まとめ

ここまでZEH住宅について解説してきました。

実際にZEHを導入することでかなりのメリットを得られるでしょう。日々の光熱費が削減できるだけでなく、環境にも優しく地球温暖化への対策に取り組めるなどのメリットがあるでしょう。

なにか気になることや分からないことがあった場合は、一度問い合わせることで解決できるかもしれません。

また、他にもさまざまな施工事例がありますので、ぜひ一度公式サイトを確認してみてください。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次